スポンサーリンク

声の響きは一定に保ちましょう

 今回の記事は、昨年の最後のレッスンに行ってきた話です。年始年末休みと新年恒例の連載があったために、掲載が遅くなりました。

 さて、前回のレッスンでは、病み上がりでまともに歌えませんでしたから、実質今回のレッスンが、退院後、初めてのレッスンのような感じとなりました。

 最初はハミング練習からです。とにかく響きを高くして発声しましょう。声を当てる場所(顔面)を、自分が楽な場所に当てるのではなく、そこよりも高い場所に当てるようにし、一度声を当てたら、そのまま声を前に出し続けるようにします。そのためには、息をしっかりと吐き、お腹で支え続ける事が大切です。

 とにかく、楽に発声するのではなく、楽なところよりも1段階高いところで声を出す癖を身につけるように努力をする必要があります。

 発声練習では、子音の上で母音を開いて発声できるように心がけました。

 また、音程と響きの位置をリンクさせない事にも気をつけました。これは私だけの癖かもしれませんが、実は私、高い音程の声は高い響きで、低い音程の声は低い響きで歌ってしまいがちなのです。つまり、響きの場所が音程によって、上下に動きがちなのです。

 具体的に言えば、私は手の運動は伴いませんが、よく手の上下と音程の上下をリンクさせて歌う人がいるじゃないですか? アレですよ、アレ。私はアレと似たような事をやっているのです。

 私の場合(無意識ですが)音程とリンクさせていたのが響きです。つまり、音程が高い音は響きも高く、音程が低い音は響きを落として歌っていたのです。音程の上下を響きの上下とリンク歌っていたわけです。それをやってしまうと、当然、音程と一緒に響きの場所も上下に移動してしまいがちです。実にそれは良くない事です。

 なので、それを止めるように気をつけながら歌うようにしたのです。

 というのも、これをやって、音程と響きをリンクさせて歌ってしまうと、高い声はより細く、低い声はより太くなってしまって、音程で声の音色が変わってしまうからです。低い声はバリトンっぽい声になり、高い声はオカマ声になりがちですが、それはテノールとしては、ダメダメなわけで、音程が高くても低くても、声の音色は一定にし、常にテノールの音色で歌わないといけないのです。、

 ですから、音程がどんなに高低に動いても、響きは常に高めで一定のところに無いといけません。

 声は上にあげちゃダメだし、下に落としてもダメなのです。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました