音楽

スポンサーリンク
音楽

私の声は、浅い

話し声にせよ、歌声にせよ、私の声は浅いです。つまり、響きが少なくてペラペラな声をしています。声に響きがあんまり乗っていないんですよ。  常用している言語、つまり...
0
声楽のレッスン&活動記録

発表会の曲を決定したよ

声楽のレッスンに行ってきました。もちろん、何の自宅練習もせずに…です(笑)。発表会も迫ってきているのに、一体何をやっているのでしょうね、私。とにかく、声は出して...
0
私が考えている事

過去の名演奏よりも、現在の普通の演奏の方が良い

…と最近は、つくづくそう思います。別に「過去の名演奏がダメ」と言いたいのではありません。ただ、どんなに名演奏であろうと、過去のものは過去のものであって、その過去...
0
声楽

ヴォイストレーニングと言うと、多少はハードルが低くなるのかな?

最初に“歌”を習おうと思った時に、どんな看板の教室に行くべきか? 初心者の頃は、そこに悩みますよね。だって「ピアノ教室」はあっても「歌教室」なんてありませんもの...
0
声楽

歌がうまくなりたいなら…個人レッスンが必要なのだと思います

歌がうまくなりたければ、まずは歌う事が必要です。  最初は見様見真似の独学から始めてるのが普通…と言うか、多くの人は「歌を学ぶ」という事を思いつかずに、自己流で...
2
声楽

音楽ジャンルによって発声法は異なる

身近な例で言えば、演歌歌手の発声法とJ-POP歌手の発声法は、誰が聞いても分かるほどに違います。そこまで極端な話でなくても、音楽ジャンルが違えば、歌手の発声法が...
0
声楽

脱力と筋トレの必要性

良い発声とは、2つの矛盾した行動を同時にこなさないといけません。  1つは「楽に発声する」であり、もう1つは「しっかり発声する」です。この2つを同時に行わないと...
0
声楽

声を頭の上に通して後ろから回すようにして出す

このやり方って、正しい発声法として、よく言われますし、ネットでも見かけます。多くの指導者や学習者が似たような事を、言ったり書いたりしているところをみても、おそら...
0
声楽

録音された声と生声は違うのです

だから私はコンサートに行きます。ただし、それは生声のコンサートであって、マイクを通した声(電気的に拡声された声)のコンサートならば、それは録音と同じです。だから...
0
声楽のレッスン&活動記録

声が無い状態で歌ってみる

さて、そんな愚痴のような相談をしたところで、実際のレッスンに入りました。いつものようにハミング練習をしてから、たっぷりと筋トレ系の発声練習をしました。いやあ、シ...
0
声楽のレッスン&活動記録

だって歌いたくないんだもん

声楽のレッスンに行ってきました。  最近の私の生活全般における意欲水準の低下について、その中でも、特に声楽の練習関係について、Y先生に相談しました。どういう事か...
0
声楽

歌声を聞くと、誰が歌っているのか分かる

…のは恥ずかしいね。確かに恥ずかしいね。まさか自分が歌っている事が周りの人に知られたら恥ずかしいね。  恥る事は、人として持っておくべき大事な感性ですし、これが...
0
私が考えている事

結局、歌を学び続けている理由は?

私の音楽履歴を振り返ってみると…。  フルートは結構真面目に学び、それなりにモノにしたと思っていますが、現在は諸般の事情でお休み中です。たぶん、一番得意な楽器に...
0
声楽

私の声の欠点

たまには、自分の欠点をあげつらって、自虐的な気分に浸ろうではないか!  私の声の欠点とは! 1)声に魅力がない  ほんと、魅力ってのが無いんだよ。悲しいくらいに...
0
声楽

鼻腔共鳴が豊かな声と鼻声は全く違う

…のですよ。  でも、その違いが全く分かっていない人が多いと思います。特に、ちゃんとした教師からマンツーマンで声楽を指導されていない人に、その傾向が見られるよう...
2
音楽

オペラはタイパが悪い

オペラ鑑賞には、とにかく時間がかかります。なにしろ、大抵の演目は初めから終わりまで通してやるわけで、その間休憩を挟みながら、だいたい3~4時間程度行われるわけで...
0
音楽

日本人はミュージカルが嫌い

合わせて言うとオペラも嫌いな人が多いです。  ご存じの方も大勢いらっしゃるとは思いますが、実は、ヨーロッパのオペラと日本の歌舞伎は、ほぼ同時代にユーラシア大陸の...
2
声楽のレッスン&活動記録

やっちまったな~、おい!

声楽レッスンの続きの続きです。今回はドイツ歌曲「Im Abendrot/夕映えの中で」です。言わずと知れたシューベルトさんの歌曲です。  まずはハミングで旋律を...
0
声楽のレッスン&活動記録

筋トレは、そんなに好きじゃないんです

声楽のレッスンの続きです。  レッスンの合間に先生と、私の大好きな某テノール歌手さんの話をしました。その歌手さんは、テノールにしては、声が太くて、ほどほどに重く...
0
声楽のレッスン&活動記録

私は変わり者の一人です

声楽のレッスンに行ってきました。まずはハミングの練習からです。ハミングの練習そのものは、いつもどおりだし、自分なりに目を見開いて、高い響きの声でハミングをしてい...
0
声楽

遠鳴りをする声ってのは、どんな声なのか?

標記について、考えてみました。  まずは“遠鳴りをする声”の定義ですが“舞台から離れた座席でも聞こえる声(≒遠くまで聞こえる声)”として考えてみます。  とする...
0
声楽

音高表現にも色々ある?

ネットはテキストの世界です。  だから、音高(音の高さ or 音程)を表現するにも文字で表現しないといけません。音程を楽譜で書けば分かりやすいでしょうが、少なく...
0
声楽

目を見開いて歌いたい…ものです

最近の私は“目を見開いて歌いたい”と思うようになりました。  そもそもは、以前習っていたキング先生から「発声と表情は切り離して歌えるようになるべきだ」と習いまし...
4
声楽

合唱声とはどんな声か? 改めて考えてみた

合唱声…ネットでよく見かける用語ですし、私も使う言葉ですが、なんとなくのイメージで使うことも多く、具体的にどんな声の事を言うのか、きちんと考えた事もなかったので...
0
声楽

ピアノが難しいのです

ピアノと言っても、楽器のピアノの話ではありません。音量コントロール“p”の話です。  誰であれ、普通に歌った時の音量が、mfになります。多少、声を落とすとmpぐ...
2
スポンサーリンク