スポンサーリンク

冷やし中華、始めました

 …なわけありません。単なる検索逃れのタイトルです(ごめん)。

 さてさて、おそらく、今、皆さんが見ている老犬ブログは、昨日までとは異なり、あっちこっちに広告が掲載されているのではないかと想像します。

 実はこの度、老犬ブログでは、ブログに広告を貼ることにしました。

 「あれ? 確か、すとんさんは、ブログに広告が出るのがイヤだったんじゃないの?」

 はい、そうです。ココログ時代は、それで怒っていました。

 その怒りの理由は、当時も書きましたが、私、ココログのブログサービスとは、有料サービスとして契約していたのですよ。当時、ココログは無料ブログサービスと有料ブログサーヒスの二種類あって、無料ブログの方は、ブログに広告が掲載される代わりに無料でブログサービスが使えて、有料ブログの方は、毎月定額のブログ使用料を支払う代わりに、ブログには一切の広告は掲載しません…という契約だったのですよ。

 それが(ブログの運営会社が変わって)有料ブログに対しては、毎月ブログ使用料を取りながら、無料ブログさながらに広告をバンバン掲載するようになったので「それは契約違反だろ!」と怒ったわけです。当時、私だけでなく、多くの有料ブログサービスを利用していたココログユーザーたちが、同じ理由で怒って、ココログから立ち去ったわけです。

 私も怒って、ココログから飛び出したは良いけれど、当時はブログサービスそのものが下火になっていて、どこも数年後にはブログサービスを止めてしまいかねない状況だった(実際、かなりのブログサービスが無くなってしまいましたね)ので、私は、一般のブログサービス会社ではなく、レンタルサーバーに移行して、そこのブログサービスを利用することにしたのです。これが“さくらのブログ”時代の話です。

 “さくらのブログ”はレンタルサーバーのおまけのブログサービスなので、広告表示はありませんでした。ここはかなり気に入っていたのですが、セキュリティ関係がだいぶ甘いことが分かったので、同じサーバーですが、おまけのブログサービスでなく、独自ドメインを取得し、WordPressでブログを行うようになったわけです。これが現在の話です。

 だから私は、広告が嫌いなのではなく、私の有料契約を結んでいたブログに、勝手に広告を掲示して稼いでいたココログが許せなかったのです。別に広告入りのブログ(は、うざいとは思っていました)が嫌いなわけではないのですし、今どきは、どこのブログも広告だらけですから、もはや広告に文句を言うのも、なんか野暮な話だなとも思っています。

 で、老犬ブログにも広告を…となったわけです。

 本日からは、老犬ブログも広告入りのブログになりました。ただし、今回の広告は、他人が勝手に老犬ブログに貼り付けた広告でなく、私自身が広告を貼ってよしと考えて貼るようにしました。つまり、広告の会社に、広告の貼り付けの許諾を与えたわけです。ただし、どんな広告を貼るのかはあちら任せです。専門の業者さんがビッグデーター等を利用して、ブログを見ている各人にちょうど良い広告を見繕って掲載する事になっています。だから、あなたが見たい広告が、今、見えているはず…なのです(笑)。

 それにして、ブログの広告って、目障りと言えば目障りなものです。

 しかし、広告もまた情報提供アイテムの一つであり、私自身、よそのブログに貼られた広告から、知らなかった事を教えてもらう事がたびたびあります。例えば、入手をあきらめていたオペラのDVDが、日本語字幕付きの輸入盤で販売されている事とか、懐かしのコミックが電子版で復刊されている事とか、これらのニュースはすべて、ヨソのブログに貼られた広告から知りました。そう考えると、広告って、必ずしも目障りなだけでは無いわけです。

 なので、私のブログにも広告を貼ってもいいかな? というふうに、最近では私の考え方が変わってきました。もちろん「広告、うぜー、二度と老犬ブログに来ないぜ!」という方がいらっしゃったとしても(残念だけれど)仕方ないかな…と思ってます。そこは人それぞれだもの。私自身、かつてはブログの広告には嫌悪感しかなかった人間ですが、今ではそこまでひどい気持ちは持っておらず、むしろ有益な情報提供ツール程度の認識をしているくらいですからね。人間は変わるものなのです。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 その他日記ブログ 身の回りのできごとへ
にほんブログ村

コメント

  1. reyus より:

    私のところに表示された広告は、薄毛・発毛でした。(笑)

    残念ながら私は薄毛に悩んではいませんので、もっと有益な広告プリーズ!!(爆)

  2. すとんすとん より:

    reyusさん

     私のところに表示された広告は、手元スピーカーでした。まだ、耳は年齢なりには大丈夫で、テレビの音で苦情をもらった事はありません。むしろ私の場合は、薄毛・発毛の広告の方が有益だよなあ…って思いました(笑)。

タイトルとURLをコピーしました